忍者ブログ


ありがとう
「ありがとう」は「有り難し」で、その意味は仏教的だけれども、仏教語ではない。

最近は結婚しない、結婚しても子を儲けないという傾向があり、

子どもの声がうるさいから保育園反対、なんていう人もいるみたいだけれど、

子どもは生き物の宝であり、学問が社会の宝です。

そのふたつを大事にしないと、人心は乱れるだろうな。


人として生まれることは稀有なこと。これが有り難いこと。

受精の仕組みを考えても、

僕が生まれる確立は、ガンジス川の砂一粒を拾う確率より低い。

たくさんの精子の中でひとつだけ卵子に巡り合うなんて。

かように、僕が生まれる確立はとても小さい。

さらにその中で、

仏教に出会えるなんて、素晴らしい幸運なんだ

というのが有り難し。

 
きわめて稀有な因縁にめぐり合えるのは至上の幸福です。

それは、恋人に出逢うことで誰しも感じることができる。

そして、

今日も僕は生きている。

話しかけてくれる人がいる。

これは稀有なことなんだ。

だから、

今よりすこしだけでも、

ありがとう、と言うようにしよう。


l
PR


[ 2016/09/20 17:54 | Comments(0) | 精進料理 ]

コメントを投稿する






<< 曼荼羅  |  ホーム  |  見るべきものを見る。 >>