忍者ブログ


レンコンボール
【レンコンボール】
 
レンコンは切れば糸を引くような新鮮なものを使います。

たまねぎ(レンコンと同量)2倍の水で炊いた炒り玄米(レンコンの1/5量)
ごま油
塩 コショウ 味噌各少々
吉野葛 パン粉 

付け合わせはレモン(すだち)、キャベツ(白菜)塩もみ、青味
 
① レンコンはすりおろす。
 
② 玉ねぎはみじん切り。陽性にしたい時は玉ねぎを少量のごま油でしんなりするまで炒める。子どもや元気nな人は生でよろしいです。
 
③ レンコン、玉ねぎ、炒り玄米、塩、コショウ、味噌を混ぜ、水分が出るまで置く。
 
④ 水分が吸われる程度のパン粉と葛を加えて、丸めて焼くか揚げる。
お弁当や陰性な人には扁平にして、多めの油(半分浸るくらい)で焼いて、陽性の人には揚げて。
表面が少し焦げるくらいに仕上げます。
 
⑤ 昆布シイタケ出汁1カップに吉野葛大1を溶き、火にかけて練り混ぜ、透明になったら醤油で調え生姜おろし少々入れて餡にします。
 
・③の状態で冷凍保存できます。
 
・かんきつ類、キャベツ、大根おろしなどを添えれば油が多くても大丈夫です。
・子どもに良い料理ですが、特にセキ、ぜんそくの子には発作時胃阿外、よく食べると良いです。
・同じ生地を焼いてハンバーグにできます。
・陽性な人には水切りした豆腐を少し混ぜると良いでしょう。
・餃子の皮に包んで揚げる、油揚げに包んで揚げる、湯葉に摘つつんでとバリエーションは無限です。
・小さな子のぜんそくには、お椀に入れて蒸すと良いです。
PR


[ 2010/10/21 15:49 | 精進料理 ]



<< サンドイッチ  |  ホーム  |  身体・心・見えないもの >>