忍者ブログ


今よりすこしだけ 「いただきます。」
食べる前には姿勢を正して「いただきます。」
  
身体が食べる準備をします。

食べ終わったら「ごちそうさま」
  
心に感謝と安心が現われます。

そして、

「おいしかった」と言えば、

満ち足りた気持ちと活力が、言った人と聞いた人に得られます。

家族といっしょでも、ひとりでも、外食でも、僕は言う。

そうすると、

心が温かくなる。

食事の目的は幸せになることです。

この三つの言葉で、それが得られる。
PR


[ 2016/09/14 17:00 | Comments(0) | 精進料理 ]

コメントを投稿する






<< 今よりすこしだけ 「箸を置く」  |  ホーム  |  諸悪の根源 >>