忍者ブログ


鍋蓋の裏
野菜を炒めて香りが立ったら、フタをして弱火で蒸し煮する、

というのが基本のひとつ。

水を使わず、野菜の水分で火をとおすことによって、素材の味が引き出されます。

そして、

時々フタを取って、裏についた水滴を鍋に落とすと、
 
ジュワっと蒸気があがり、エグミが飛びます。

それを繰り返せば、雑味がなくなり、うまい野菜料理になります。


 
PR


[ 2016/10/05 10:15 | 精進料理 ]



<< 秋の料理  |  ホーム  |  ○カップラーメン考察・安心な食べかた >>