忍者ブログ


理趣経の話 もっと大きな自分
真言宗で常用している『理趣経(りしゅきょう)』は

帰命毘盧遮那仏(みょうびるしゃな)で始まり

毘盧遮那仏(ヒロシャダフ)で終わります。

毘盧遮那仏とは大日如来のことだから、

大日如来のことが書いてあるお経。


内容はいろいろたくさんあるのだけれど、

例えば、

常恒三世一切 時身語意業 金剛大毘盧遮那如來

栂尾先生の訳では

「昔と今と後の三世のすべてをつらぬきて、

身と言葉と心とのみっつの妙なるうごきをば、

とわにあまねく示します」


仏教は、創造主のような常住で唯一な主宰者を認めません。

諸行無常(あらゆるものは移り変わる)で、

すべては、縁と条件の関係性のなかにおいてのみ存在する、

と考えています。それを空と云う。

しかし、理趣経では、

大日如来は常恒(とわに)であると云う。

この場合、

大日如来は悟りそのもの、智慧の本体ということですが、

すべてのもの、存在、あなたも僕も大日如来のシンボルです。

大日が変化したもの、と言っていい。


それから

発菩提心 則為於諸 如來広大供養 

「さとりを求める行いは、とわの仏の供養なり」

つまり、

菩提心を発することが最大の供養である、と。

菩提心の内容は、

生きるとは他を救うこと。

自分が存在しているのは、自らが成長向上するため。

絶対自由の心になるために、心を調えること。

という三つ。


さらに、

一切有情 如来蔵 以普賢菩薩 一切我故

「仏は我の内に入り、まことの我をくみたてる

人のまことのその性は 如来のそれにことならず」

総ての存在は、仏の中にいる

そして、自分の中に仏をもっている

だから、一切は仏である

だから、一切を救おうとする「我」がどこにでも存在する



そして、

僕らのいろいろな言動は、本質的に清浄で菩薩の位である

と書かれています。
 

清浄とは自他の区別が無い心。

つまり

悟りの、成仏の範囲がとても広い

だから

僕のような人間でも安心と希望が得られる。


経全体を貫いているのは、

すべての人は、自分が思っているより、もっと大きくて素晴らしいのだ。

自分の周りにいる人も同じで、

お釈迦さまのようになれる可能性をもった存在なんだ。

だから、

お互い仲良くして素敵な未来にしよう。

というように僕は理解しています。


この思想を、皆さんに知って欲しい

そうすれば、悲惨な事件が減るかもしれないから。





PR


[ 2018/06/12 17:18 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 電磁波の陰陽 その対策  |  ホーム  |  野菜の話 その2 >>