忍者ブログ


お母さんの名を呼ぶ
口を開いて、お母さん、と呼ぶ時、

お母さん、という声がある。

この、お母さんという声は何を表しているのかといえば、

お母さん、という名です。

その、お母さんとは何か、といえば、

A子さん、というお母さんのこともあり、

B君のお母さん、ということもある。

世界には大勢のお母さんがいます。

お母さんは過去にも、未来にも大勢いるでしょう。

人類がいる限り、お母さんはいなくならない。

人類が出現してからずっと、お母さんはいる。

人類がいる限り、

お母さんの始まりも終わりもない。


個別のお母さんに生滅はあるけれど、

本性のお母さんは本来不生不滅。

それを実相(真実)と考えることもできます。

お母さん、

と呼ぶことが、
 
真如を表現しているのかもしれない。


2020年 年間祈祷のご案内 



PR


[ 2019/11/29 07:40 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 桜の落花予想  |  ホーム  |  2020(令和2)年 年間祈祷のご案内 >>