忍者ブログ


お風呂談義 2

風呂場でおっさんたちが交わす会話の多くは病気のこと。

高血圧、糖尿、腰痛、肝臓腎臓、尿酸値にコレステロール値・・・、

ほぼ自慢話である。

病気は排毒、つまり不要なものが排泄されることだから、

自慢してもいい。


もうひとつは子どものこと。

昔は、

他人の子を褒めて、自分の子のことは謙遜したものだけれど、

今はそうでもない。みな、自慢している。

でも、その時は嬉しそうでいい顔をしている。

おっさんは普段、あまりいい顔をしない生き物である。



身体は仏の住居であり、

子どもは仏のシンボルである。

だから、

どちらも自慢するのは良いことだろうな。


病気は食べ物と生活方法を変えれば改善する。

人間関係は言葉で改善する。

もし、

何も改善しないのなら、それは仏さまの戒めかもしれない。





※お知らせ

1、施餓鬼供養(先祖供養)のお知らせ

2、お盆のお知らせ

3、ご祈祷のお知らせ

4、出張講座・教室のお知らせ

お参りに行けないけれど、供養祈願を頼みたい

というかたも、ぜひどうぞ。

5、家庭での瞑想修行次第(pdf)

6、仏さまの拝みかた(pdf)

pdfが読み込めない場合はこちらからご覧ください。


PR


[ 2018/06/26 07:31 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< お風呂談義 3  |  ホーム  |  お風呂談義 1 >>