忍者ブログ


冷蔵庫
雨の日はトーストがうまい。

梅雨の間は、

高野豆腐などの乾物と、

漬物酢の物かんきつ類で酸味を摂っていれば、

夏の体調がよろしくなる。お腹が冷えずに陽性が消えるから。


それはさておき、

独身時代、

冷蔵庫はビールを冷やすためのもので、それ以外のもの入っていなかった。
 
今はオレンジジュースとお茶とサンクロン(ビタミンK補給用)が冷えている。


福島に住んでいる時の冬は、

凍ってほしくないものを冷蔵庫に入れていた。台所は氷点下だから。 


僕の親世代は戦争を経験したからか、何でも捨てずに溜め込む傾向がある。
 
もったいないし、もしかしたら役に立つかもしれない、

と考えるのは理解できる。

しかし、

これはいつのものか、

中身は何なのか、

というようなものが母が使う冷蔵庫にたくさん眠っている。

これ、何?

と聞いても、

さあ、わからない

と言う。

舐めてみても何だかわからないものもある。

というわけで、冷蔵庫を掃除した。

得体の知れないビンやタッパーに入っているものは捨てる。

古い香辛料やあやしい白い粉も捨てる。

棚やポケットをはずして洗う。

満員状態であった冷蔵庫は風通しが良くなり、

何があるのかひと目見てわかるようになった。

さて、

この状態がいつまで続くだろうか。




PR


[ 2018/06/07 07:30 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ホームページ作成中  |  ホーム  |  破地獄 >>