忍者ブログ


大切なものを表現する方法
大海に住む龍王の肝や首に、

それは隠されています。

その龍王とか肝とか首とは、なんのことでしょうか。

それはあらゆるものを生み出す宝珠のようなもので、

あなたの心の中にあります。


一切を生み出す真実の清浄な心は、

地獄も極楽も現わします。

元は、真実で清浄なものだけれど、
 
愚かさの迷い、つまり自我への執着があると、

我即仏と気が付かないなので、

満月の明るさや護摩の火の明るさに例えられる智慧によって、

その迷いの闇を消せば、

真実が現れます。 



大豆を豆として食べ

豆腐にして食べ、

がんもどきにして食べ、

豆乳にして飲むけれど、

みな大豆であるように

姿形役割味匂いが違っても、

もとは同じものです。

同じように、

世の中の存在は、

大地にようにに固いもの

水のように流れ、潤すもの

火のように暖かく、無知を焼くもの

風のように吹き、迷いを取り除くもの

空のように妨げることなく、妨げられることもなく、

一切を包み、仕切りが無いもの

を含んでいます。

それらの蔵が私たちそれぞれです。

ですから、

好きな人も嫌いな人どちらでもない人も同じ。
 
縁と条件が違えば、

あなたは私であり、私はあなたであったでしょう。 



原因の原因を探っていけば最後の一つになります 。

ではその一つはどこから生まれたのでしょうか。

自然に生じたのではなく 、

神様が作ったのでもありません。

そう考えると

それは、始まりがなく終わりのないものと考えることができます。

原因がそうであるなら結果もそうであるはずです

同じように、
 
苦しみと楽しみも、

迷いも悟りも同じです

両者に区別は無い。

そう知れば、迷いはなくなるでしょう。

迷いが無いということは、

ずいぶんと力のあるものです。



現実世界のすべては、真実を表現するものです。
 

こだわりや迷いがなく、

正しく考えることが出来れば、

部分と全体とが一つのものであると正しく理解できるので、

全体で見れば、個は全体を構成するものとして、みな同等であり、

個として見れば、

それぞれに役わりがあるから、みな違う。

いずれにしても、

幸不幸、迷悟は、自己の内にあるのだから、

まあ、いいか、

という柔らかい心になれば、

物事の真実が見えるかもしれません。

 
PR


[ 2019/07/01 08:11 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ヨーガの動画、作っています。  |  ホーム  |  ミネラルの話 >>