忍者ブログ


弘法大師の安心
安心は仏教語で、読みかたは「あんじん」

意味は、心がやすらかであること。 

安心はおしつけられるものではなく、そう思わずにはいられない心のこと。

原発とか在日米軍とか政治家とか、

安心なのかどうかは、そういうことです。

幼子は親がそばにいれば安心。

おとなになっても、親がいることで安心します。


宇宙法界も一粒の塵も、あなたも私も大日如来であるという立場なら、

現実にそうでは無くても、その自覚に生きていれば、

大日に包まれて生きるという安心が生まれます。親子と同じ。


親がいない時、

何か危険なことがあると、他の家族や近所の人が助けてくれれば安心。

同じように、

大日如来を感じなくても、薬師不動観音地蔵などが力添えしてくれます。
『弘法大師觀』(森田龍僊著)には安心について、

「三界六道、長く一如の理に迷い、常に三毒のことに酔うて幻野に荒猟して、帰宅に心なく、夢落に長眠す。覚悟いずれの時ぞ。

今、仏眼をもってこれを観ずるに、仏と衆生と同じく解脱の床に住す。これもなく彼もなく、無二平等なり。不増不減にして周円周円なり。すでに勝劣増益の法なし。何ぞ上下損減の人あらんや」(吽字義 汙字の義)

「平等の三密は法界に遍じて常恒なり。五智四身は十界に具して欠けたることなし。悟れるものをば大覚と号し、迷えるものをば衆生となづく。衆生痴暗にして自ら覚るに由なし。如来加持してその帰趣を示したもう」(声字義)

をあげています。

どちらも、衆生すなはち悟りの仏だから、それを信じ、理解し、勉強し、体得すれば安心、

ということ。

これは自分の心を知ることです。

だって、自分と仏が同じなのだから、

自心をよくよく観察して理解すれば、そこで仏になる。 


こういう心を身につけるのはトレーニングが必要。

多くの種類があるけれど、真言宗の先達は、

真言を念誦するというトレーニングを勧めてきました。

「これは老人婦女子も簡単にできる容易な修行である」

と、蓮体和尚の『真言開庫集』にあります。


 
僕に大きな可能性があるように、

宇宙全体すべての存在が大きな可能性を持っています。

その可能性は心のやすらぎになるばかりでなく、

社会や他人への貢献にもなる。


念誦や瞑想や勉強などで、大きなものを知り、

それと自分は同じと理解したとき、

一切の不安苦しみが消え、安心が得られます。



※お知らせ

1、施餓鬼供養(先祖供養)のお知らせ

2、お盆のお知らせ

3、ご祈祷のお知らせ

4、出張講座・教室のお知らせ







PR


[ 2018/06/22 18:12 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< お風呂談義 1  |  ホーム  |  合蹠 >>