忍者ブログ


心と世界
自分のことしか考えない、

自分さえよければいい、

というのは良くないことである、

と家庭や学校で教えるだろうけれど、

国と国の関係では、

自分の国の利益しか考えない国が多いようで、

みんなで助け合い、協調して、世界のしあわせを、

なんて思わない。

そんな国で教育が成り立つのだろうか。


他人をだましてはいけない、ごまかしたり、ウソをついてはいけない、

と家庭や学校では教えるはずだけれど、

政治家が、ゴマカシやインチキばかりなら、

そんな国で育つ子どもは、大丈夫なのだろうか。


それはさておき、

身の回りにある、

固いもの、柔らかいもの、流れるもの、

燃えるもの、吹くもの、拡がるもの、

あなた 私、好きなもの、嫌いなもの、どちらでもないもの、

何でもすべては、心を表現するものです。

この心とは、

自心、悟り、迷い、一切衆生、魔物、清浄心、本性、大日如来のこと。

みな同じものの別称です。

心は金剛のように固く壊れないものであり、

真綿のように柔軟でしなやかでもある。

心は悩みを冷まし、

寂しさを暖める。

心は欲望の焔のように燃え、

心は智慧をもって迷いの火を焼く。

そのように、

一切は心を表現するものです。

また、

心は一切である、とも云えます。


世界の全ての存在が心を表現し、

心が全てを顕現しています。

その存在は、生命があり、生き生きと活動しています。

ですから

自分だけよければ良いのではなく、

世界中で仲良くしなければいけません。




2020年 年間祈祷のご案内




PR


[ 2019/12/11 08:16 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 欲望と煩悩  |  ホーム  |  毎朝15分 仏に成る(毎朝作法) >>