忍者ブログ


愛情管理法
「週刊サンケイ」16(31ー846)~(51ー866)1967年

に連載された柳沢文正博士の「サラリーマンの愛情管理法」がおもしろかったので、とびとびに引用します。( )内は僕の感想  。
筆者は、元 柳沢成人病研究所長、新潟医科大学教授、東京都立衛生研究所臨床試験部長。
昭和60年5月4日没。


1、望診

男性ホルモン過剰の人は、額が禿げてピカピカ光っている。

子宮に疾患があると、額にニキビができる。

便秘症の人は、マユのあたりに湿疹が出来やすい。

房事過度の人は下眼瞼に黒いシミができる。

心臓、肺臓疾患の人は唇に水泡ができる。

(これらは博士の臨床データだろうけれど、総て陽性症状)

糖尿病は、

額と眉の間がテカテカ光り、目がショボショボする。

頭が重く、ノドが渇いて後頭部、顔、腰の周りに湿疹ができる。

一夜に数回、小便に起きる。

性欲が減退し、局部がかゆくなる。

(これらも陽性の症状)


2、男女の産み分け

女性が酸性食品を多く食べると女の子が生まれる。

粗食でアルカリなら男の子。

長野県の開業医・村上博士の説として、

性交の後、身体の左を下にして休むと女の子が生まれ、

右を下にすると男が生まれる 。

(陰性な精子のほうが陽性な卵子より元気があり、ストレスが少なければ陰性な女の子が生まれ、卵子が強ければ男が生まれるのが陰陽の法則。酸性食品云々はその証明)


3、健康法(身体をアルカロージスにする:血清カルシウムイオンを増やす)

1)楽しい生活をする。怒ると血清カルシウムイオンが低下し、酸化する。

2)胃腸を健全にする。

胃腸が悪いとカルシウムイオンを増やすビタミンKが合成されず、カルシウムイオンが低下して酸化する。

3)カルシウムの不足を補う。

4)よく休み、良く寝ること。


4、その他

・麦飯は精力剤(胃腸が丈夫になる、アルカリ食品であるから)

・合成繊維下着の効用(これは以前に陰陽研究塾の記事に書きました)

・へそにゴマ油を塗る効用(抗酸化作用がある)

皮膚に塗って、サッと吸収されるものほど純度が高い。

・パンツは履かないほうが良い(睾丸は温めない、蒸らさない)

・二日酔いに効く味噌汁(胃の蠕動を促すから)

・マグネシウムは強精(食べ過ぎると陽性過多になる)

・酢の物でアルカリ体質に。
(酸味はたんぱく質と脂肪を溶かす陰性、つまり動物性食品の陽性を溶かす)

・キスの効用(唾液のパロチンは若返るホルモンのひとつ。これを交換すれば若返る)

・風呂は女が先に入る。女性ホルモンは皮膚からも吸収される。

(男は女性ホルモン、女は男性ホルモンを吸収すれば元気になる。これは陰陽の法則どおり)

・緑黄色野菜はひとり一日150g以上。

・ハゲの男と色黒の女は助平
(どちらも陽性で酸性体質) 

PR


[ 2017/10/05 09:44 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 儀式をするサル  |  ホーム  |  RSウイルスの発症時期について >>