忍者ブログ


戒名と戒律と成仏
以前にも引用したことがありますが、

全日本仏教会のページ
には、

・戒名って何ですか?そもそも必要なのでしょうか?

という質問に対し、

「戒名は、宗派によって「法名」「法号」とも言われています。

 「仏弟子」となった者に与えられる名前で、仏教教団にとって極めて大切なものです。

 なぜ戒名をつけなければならないのか、高い戒名料をとられた、などという疑問や不満がお寺

 に対する不信感につながり、それが社会問題化しているのではないかと危惧しています。

 これらを解決していくためには、住職と檀信徒との相互の信頼関係が不可欠です。日頃より菩

 提寺住職に尋ねるなど、戒名について学んでいただきたくお願いします。

 なお、生前に戒名をいただくことも良いことです。その場合には、菩提寺の住職にお問い合わ

 せください」

とあります。

ナンダカ答になっていないような気がするけれど。


戒名は仏典に根拠が無い、ある種の風習です。

ですから、

あっても、なくてもよい、

と僕は考えています。

仏教の目的は転迷開悟、人格の完成、密教では即身成仏

つまり悟り=成道=成仏ですが、

それと戒名が関係あるとは考えにくい。

日本では、

人が死んだら仏になる、という不思議な考えかたがありますから、

それを成仏(仏に成る)としてしまいますが、

成仏は現実問題であるべきです。


さらには、

戒律を授かり戒名を受けるのですから、

戒名とは、戒律を保つ人の名前。

戒名云々より、戒律のほうが重要です。

そもそも、戒律を保たなければ仏教徒ではない。


ちなみに成仏とは、


「菩提心に通達し、自心の源底を覚知する」こと(『金剛頂経』)

『十住心論』には、

「究竟じて自心の源底を覚知し、実の如く自身の数量を証悟するなり」

とあります。

これは、『大日経』「住心品」にある、

「実の如く自心を知る」こと。



PR


[ 2019/09/21 05:55 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 被災後のお金の話  |  ホーム  |  卒塔婆は大日如来 >>