忍者ブログ


福島第一原発の周辺
来週18日から、

2019年度末の常磐線全線再開へ向けた富岡~浪江間の試運転が始まります。
https://response.jp/article/2019/12/05/329500.html

富岡ー浪江間の大野、双葉駅周辺は、帰宅困難区域。

現在の福島第一原発事故による帰宅困難区域 は、
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list271-840.html
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/2019/sanko1gainenzu.pdf 


常磐線が開通するということは、

帰還困難区域の一部が先行して避難指示解除されるはずです。

来年3月は、

国道6号線を北上しながら、

富岡・浪江間の大野、双葉駅周辺へも立ち寄れるかもしれない。


今年の3月、
 
富岡駅前の富岡ホテルに泊まり、

駅から近い東京電力廃炉資料館を見学し、

帰宅困難区域境界線にある夜ノ森駅西側で復興作業を見学し、

常磐富岡インターから 東松島へ向かいました。


富岡ホテルは立地、部屋、従業員の対応、すべて良かった。

食事もうまかった、と息子らが言う。


廃炉資料館も勉強になった。

何しろ、知らないことばかりでした。


廃炉について、

福島の高校生、高専生が社会的、技術的な活動、勉強をしています。

僕が生きているうちに解決しない問題だから、

彼らの行動が心強い。

そして、

今、何が起きているのか、どうなっているのかは、

知らないより知っているほうがいい。

こんな本もあります。

福島第一原発廃炉図鑑



PR


[ 2019/12/08 08:54 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 世間の心  |  ホーム  |  五つの智慧の光 >>