忍者ブログ


秘仏とは何だろうか
県の文化財保護審議会委員の先生、

県と市の教育委員会文化財担当者、

市立美術博物館の学芸員がいらして、

当山仏像の調査が進んでいます。




本尊の十一面観音は、

厨子などにおさめて扉を開けない秘仏とされていますが、

秘仏とはなんでしょうか?

『密教辞典』によれば、

「広隆寺来由記」にある記述が始まりのようですが、

仏典経典に、秘仏の根拠はありません。

日本には、秘伝を大切にする考えかたがあり、

神道の影響などもあり、

人はそれを見るべきではない、

というようなこともあったのでしょう。

秘仏にすれば、

神秘性や「ありがたさ」は増します。

さらには、
 
開帳時に大勢の動員が期待でき、それによって収入を増やせます。

秘仏にすることにより、

損傷が少ないなどの利点はあります。

反面、

しまっておく間に、虫食いなどの被害が広がることもあります。

しかし、

仏像は本来、拝むもの。

求聞持法では、

拝んでいない時は本尊を布で覆い、

拝むときに布をはずします。


仏像は修法の本尊であり、

法身の三昧耶形(さとりのシンボル)です。

ですが、

瞑想修行の対象以上に、

何か不思議な力があるように考えるのは、仏教ではない。

仏像が何かを解決したり、救ってくれるのではありません。

それは自分の心が行うものです。


多くの仏像は、

経典儀軌に書かれた通りには作られていません。

ですから、

拝む時に心中にイメージするものと、

目の前の本尊の姿とは違います。

そういったことが、

祈りの対象より、

美術品文化財とする傾向につながるのかもしれません。


佐和隆研先生は「十一面観音の表現に就いて」のなかで、

仏像は仏という理念の人格化

芸術的に人間的形態そのものをかりて偉大なる仏性を表現する

と云っています。

秘仏にしたら、

それも分かりにくくなる。



いずれにしても、

三密行(本尊供養法)は開扉して修法したほうが良い、

と僕は考えています。


※お知らせ

10月18日 10時から

四恩の徳に報ずる 吉祥秘密大護摩供のご案内



PR


[ 2019/09/23 06:56 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 明るい人  |  ホーム  |  被災後のお金の話 >>