忍者ブログ


野菜の話 その2


厚揚げとコンニャクとインゲンに山椒を載せてじっくり焼く。

ナスタチウムを添えると、ワサビに似た風味でうまい。


それはさておき、

家庭菜園では、

種を蒔いたり苗を植えたりしても、素人なのでうまくいかないことが多い。

それでも、

ネットを張り支えを立て、草も刈る。

ウチの畑にはオケラがたくさんいる。

柔らかくて弱々しくて、何だかとてもかわいい。


『秘蔵記』17に、凡人が仏になる過程が書かれている。

「種子を大地に蒔き、

水土の縁によって発芽する。

太陽の気によって茎葉が育ち、

解脱の風を待って具足し生長する。

みなすべて堅実ならば 、よく物を生じないことがあろうか。

これは虚空と同じである」


心の中にある種が、

いろいろな縁と条件により仏になる。

それは

ウチの畑で胡瓜が採れるようなものである。


PR


[ 2018/06/12 10:02 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 理趣経の話 もっと大きな自分  |  ホーム  |  野菜の話 その1 >>