忍者ブログ


阿字の空剣生死を斬る~知ると知らない
自分が知っていることは他の人も知っている 、

自分が知らないことは他人も知らない、

そんなことはないのだけれど、それに気がつかない事はよくあります。

あるご婦人が

ウチの主人は洗車をする時、

ボンネットを開けてエンジンルームまで掃除するんですよ、

と、ご主人を変人みたいに言う。

僕もそうするから、返事に困った。

ああいうところはキレイにしたほうが、

点検整備に便利だし、故障も見つけやすい。


坊さんに限らず、

密教に関心のある人は阿字観を知っており、

かつ日々実践しているのかと思っていたら、そうでもないらしい。

密教の瞑想法にはいくつか種類がありますが、

その基本が阿字観。

雑多な要素を削って、とてもシンプルにしたものです。

迷う前の自心に帰るとか、

自心の清浄さを知る方法

などと説明されます。

この阿字観を1時間続けられるようになれば、

ずいぶんといろいろなことが分かります。

実践的なものなので、言葉で説明するのは難しいですが、

覚鑁さんの文章(「阿字観」)に、その境界が書かれています。


夢幻泡影石火の輝(ひかり)

行住坐臥愚迷の案 (教え)

心開くべからず坐禅の床

心閉づべからず禅定の室

他よりも得ず自然智 (元から有する智慧)

自らよりも得ず無師智(自ら会得する智慧)

己心法界にして有無を離れ

明朗寂然として一物無し

無去無来にして去来を示し

生死もとより無にして因縁を成ず

識大(心)は無体にして太虚を融し

生死を離れずして生死を離れ

涅槃を取らずして涅槃を得

隠顕自在なること水月の如し

凡聖一如にして迷悟を亡じ

常住不変にして始終を絶つ

諸法(あらゆるものと心)任運(自然のまま)にして造作にあらず

教外無相にして法義を唱ふ

仏祖伝えざれども法爾に備はり

心源空寂なれども金剛より堅し

阿字の空剣生死を斬り(空である生死:迷い執著を斬る)

鑁字の智水諸法を成ず

吽字の命風太虚に遍く

本分の心蓮自然に開く


PR


[ 2019/10/02 07:37 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 四恩の徳に報ずる 吉祥秘密大護摩供のご案内  |  ホーム  |  六十心から一心へ >>