忍者ブログ


僕らは何かに抱かれている 2
日々の生活では、

誰かと意見が合わない、ということがよくあります。
 
それぞれの生活立場環境が違うので、

みんな同じように考えないのが、正常な社会でしょう。

そんな中で、

そういう意見の対立が、やがて戦争になることもあります。

あいつの言葉、行動が気に食わない、
 
ちょっと許せん、

ということもある。

でも、

アンタに注文したいことはたくさんあるけれど、

それはさておいて、今夜は一緒にうまいものでも食おう、

そういうことで何かが融和し調和する事もあります。


宗教では、

食事ではなく、一緒に拝む。

いろいろあるだろうけれど、

まあ、今日は一緒に祈りましょう、修行しましょう、と。

そうすればお互い助かる道がある。

同じ大日如来なんだから。

拝めばお互いの眼が開いて、

今まで見えなかった大日が見えてくるかもしれない。

世界には大勢の子どもがいます。

災害や紛争のために、

悲惨な状況下で暮らしている子もいる。

そういう子でも、

わが子と同じように、

択んだ道を応援したい、

と思うようなことが、

大日を共有している心です。


PR


[ 2019/11/27 13:47 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 僕らは何かに抱かれている 3  |  ホーム  |  僕らは何かに抱かれている 1 >>