忍者ブログ


文明の法則
村山節さんの文明法則史学によると、

800年ごとに西と東の文明の盛衰が入れ替わり、

西暦2000年を境に西の文明が終焉を迎え、

東の文明が興隆する、

とのこと。

さて、どうなのでしょうか。

 
問題は、

「東の文明」

これが東洋のことであるとすれば、

世界を東洋と西洋に分けるのは、西洋の考えかたです。

東には、

昔の黄河、インダス、メソポタミアを始め、

イラン周辺のペルシャ、インド、東南アジア、中国、朝鮮半島、日本など、

多くの文明がありますが、

いったいどの文明のことなのだろうか。

それらは全く違うものであり、

それら全体を貫くものはありません。

仏教という統一的要素があるものでも、

インド、南アジア、中国、日本と、全く違うものになっています。


今後、

東のある国が、

経済的、軍事的に世界一になることがあるかもしれません。

しかし、

平等性がなく、

意見や見解を自由に表現できず、

多くの知識人研究者学者を殺した国が、

みんなから尊敬される文明国になるとは考えにくい。



さてさて、

世界はどうなるのだろうか。


※お知らせ

四恩の徳に報ずる 吉祥秘密大護摩供のご案内






PR


[ 2019/09/02 09:25 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心の底、虫の声  |  ホーム  |  ハケンの話 >>