忍者ブログ


桜の落花予想
 「散る桜 残る桜も 散る桜」は、

良寛さんの辞世の句らしいけれど、

本当かどうかはわからない。

桜は必ず散る

散らない桜はない

桜はいのちの象徴であり、

生まれたら必ず死ぬ

死なない人はいない

これを、

諸行無常といいます。

不変唯一常恒なものなどなく、

存在を主宰するものも無い。

すべては変化流転するのが真実ですが、

必ず死ぬいのちとは、

何でしょうか。

その生死を越えたところに、何かあるのかもしれません。

いずれにしても、

あの人たちは 、

桜が必ず散るという現実を、

御存じだろうか。




PR


[ 2019/11/29 09:18 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 現代地獄論  |  ホーム  |  お母さんの名を呼ぶ >>