忍者ブログ


被災後のお金の話
大規模な災害で被害に遭った場合、

仕事ができなくて収入が減る上に、

修理修繕などで費用が掛かります。

我が家が東日本大震災で被災した時、

まず、家の壊れた部分の写真を撮り、

市役所へ罹災証明願いを出しました。

その後、職員さんが状況を見に来て、

これは半壊である、

ということになり、

り災証明書が発行されます。

これはとても大切なことで、

り災証明書を添えることで、

その後の支援金、補助金などを受けられるほか、

子どもの入学金や授業料の支払い猶予免除申請、奨学金申請、

税金や公共料金の減免申請などができます。


り災証明の手続きについては、最寄りの役所へ問い合わせしましょう。

ホームページにも、載っているはずです。

り災証明の手続きをしておけば、

行政経由の義援金や災害見舞金は自動的に案内されるものもあります。

その他、

保険以外の援助金などは、

自分で知らべましょう。

行政の他、

地域の支援団体、母校の同窓会、出身地の県人会、

現在所属している企業、学校、団体からの援助もあります。

り災証明書の他、

所得証明や納税証明など、何が必要かは自分で調べます。

役所などに、自分で申請に出向き、状況を説明しないと、

該当とされないこともあります。


被災者生活再建支援制度も、

国や県からの案内がホームページにいくつも載ります。

役所に行っても確認できます。

人から聞くより、

自分で調べるのが確実です。



PR


[ 2019/09/22 06:43 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 秘仏とは何だろうか  |  ホーム  |  戒名と戒律と成仏 >>