忍者ブログ


梵行

性は、特に若い行者にとって重要なものですが、食よりは制御しやすいものです。特に道場は女人禁制なので異性と接触する機会も無く、異性が調えたものを食べてはいけないとしています。

心の制御を妨げるものが煩悩ですが、性欲は習慣性のある煩悩なので、行法での集中力を欠くことにつながります。

精液を出すと、人間としてのもっとも重要な力が弱まります。精力の無駄遣いになります。精力は瞑想に必要です。

精液を出すと、あらゆることを理解し、思い出し、記憶するメダ神経が無くなります。

夢精などで出た場合は、ある真言を唱えるよう指導されます。
PR


[ 2009/12/09 15:22 | 仏教医学研究 ]



<< 求聞持日誌 1  |  ホーム  |  呼吸 >>