忍者ブログ


お坊さんのレベル
広大で深い思想を表わした美しい織物の糸には、

スートラ(sūtra)とタントラ(tantra)があり、

両者を訳して経典と言います。

スートラには教理的なことが書かれており、

タントラには実践面の規約が現わされています。

般若心経や観音経など、人口に膾炙しているお経のほとんどはスートラです。

また、

経典によっては、その中に教理部分と実践部分の両方が書かれているものもあります。


タントラは主に密教経典ですが、

それにはいくつかのレベルがあります。

入門してすぐの、知的に劣った者向けが所作タントラ。

これによってまず、修行の作法を覚えます。

そして、真言や陀羅尼をひたすら唱え、

五体投地の礼拝を繰り返します。

ひとつの作法につき、礼拝1万回、真言念誦10万回くらいかな。

そして、真言と懺悔を体得した中級者向けが次の行タントラ。

『大日経』などの思想的な意味を理解して修行し、

歩くように修法ができるようになると、瑜伽タントラを学びます。

『金剛頂経』などを学び、

感覚器官と心をコントロールして、

拝む作法と生活と、悟りと迷いとどちらでもない心と、

仏と他人と自分が平等で融合している

という、優しさと思いやりの身体を目指します。



お相撲さんが入門後、努力して関取になり、

さらに平幕小結関脇大関となるように、

噺家さんが入門後、前座から勉強して、

二つ目、真打となり、

さらに精進して名人師匠になるように、

密教のお坊さんも学び修行しながら、レベルアップします。



仏の智慧(悟り)とは、

実の如くありのままに自分の心の源底を知る

ことを求め、

思いやりと優しさを根本として、

自他を救う具体的な実践をすることである

(『大日経』)


_________________________________

※2017年度 毎朝祈祷ご案内

http://shintenan.syoyu.net/%E7%9C%9E%E5%A4%A9%E5%BA%B5%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%A1%BE%E3%83%BB%E5%AF%86%E6%95%99%E5%A1%BE/%E7%A5%88%E7%A5%B7%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85


※穀菜食の舎

「頭が良くなる冬の料理3種類」 
http://shintenan.syoyu.net/Entry/1021/



※陰陽研究塾 

「くだものとスイーツを陰陽で考える」 

https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/inyoukenkyu/e_jezOo-rCY
PR


[ 2016/12/04 10:05 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 牛乳がどのように身体に影響するか陰陽で考える  |  ホーム  |  頭が良くなる冬の料理3種類  >>