忍者ブログ


病気を治すか、病気にならないようにするか

「我」と云うのはずいぶんと大きい。

想像するだけで際限がない。

そこには、良い面もあれば、そうでもないところもある。

その我が、

貪り欲望に目がくらんで苦しみにあえば、

布施という修行でその欲を剥ぎ取る。

怒りのために迷い苦しみがあれば、

耐え忍ぶという修行によって怒りを消す。

自分中心のために、他と比較するために、悩み苦しみが生まれれば、

禅や精進という修行で治す。

こういうことは、熱のある時に飲む解熱剤のようなもので、

対症療法に過ぎない。


それに対して、

病気にならないような身体を作る、

病気になりにくい生活をする、

という方法もある。


『秘蔵記』16には、

「諸仏は法界身であるから、我が身は諸仏の中にある

 我も法界身であるから、諸仏は我が身中にある」

とある。

法とは、地・水・火・風・空・識の六大

界とは蔵

つまり宇宙全体のこと。

そして、

「よくこの観をなして、諸仏を四明によって自身に引き入れる」

四明は四摂とも云い、

北尾克三郎氏は

「知覚のかぎによってとらえ

 それを神経の索によって引き寄せ、

 イメージの鎖につなぎ、

 感情の鈴を打ち振る」

と訳している。

詳細はこちら


つまり、

本来みな仏で在る、

という、あるがままの性に心をすえる。

自分が仏になれば、

自分の心は仏心だから、貪りも怒りも無知もない。

ついでに

仏身になれば、病気もない。


体質改善、心質改善をする、

ということである。


PR


[ 2018/06/15 07:40 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 若者とおじさん  |  ホーム  |  じゃんけん >>