忍者ブログ


道草 聖心女子大学編
暑い日に塩気の強いものを食べた上、

発汗して排毒しないと、

身体が硬直して、より暑くなり、肩も凝る。

そんな時、

力強くグーを握ったまま、人差し指と親指のみ開放すれば楽になります。


それはさておき、

首都高2号目黒線を天現寺で降り、明治通りへ出て広尾一丁目を右折。

日赤の手前に聖心女子大学の正門がある。

大きな寺社のような旧 久邇宮邸の正門を抜け、

守衛所で入校許可証を提示。

たいていの大学はだれでもキャンパスへ入れるけれど、車は要許可が多い。

参道のような桜並木を進むと、左手に旧久邇宮邸御常御殿。

登録有形文化財で菊の御紋が輝いている。

学内には古い建物と新しいビルが共存している。

何といっても、緑が多い。都心なのに森の中にあるみたい。

木漏れ日が美しく、風が涼しい。

駐車場に止めて、荷物を整理していたら、何ヶ所も蚊に刺された。 


最近は文化祭のほかに、

公開講座やシンポジウムで、誰でも参加できる大学イベントがあり、

学生食堂なども一般利用できるところが多い。

大学は学府であり智の場所であるから、図書館が充実している。

これも学外者利用可能な学校がほとんどである。


今回は、

オーケストラクラブのコンサート、僕は写真係りのスタッフ。

場所は聖堂。

キリスト教の学校なので修道院がいくつもあり 、

うろうろしていたら、黒い聖衣で盲目の信者さんに道を訪ねられた。

もちろん、分からない。

聖堂は大きく美しい。



学内には聖書由来の絵がたくさん掲げられ、

お祈りや洗礼の情報版もある。

坐禅会のお知らせもあった。


コンサートが始まり、
 
ベートヴェンの序曲コリオラン

モーツァルトのディベルティメント、

交響曲35番ハフナー

女子学生らしい華やかで明るい演奏だった。 

丁寧でよく教育され、しっかりとした学生に接して、心晴れやかになる。


校内はカエデの新緑がまぶしい、秋にはさぞきれいなことだろう。






PR


[ 2018/07/02 08:51 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 相好・ブッダの望診  |  ホーム  |  心とカラダ >>