忍者ブログ


お不動さん
新年も無事にお不動さんのご祈祷をしまして、お札をお送りしました。

護摩札は大願成就が果たされるよう精進するための誓いの証となります。

おまつりして平素拝んでください。皆様の精進工夫、行者の修法、お不動さんの力添え、この三つの力が重なると願いが成就します。

 おまつりの方法に決まりはありません。どこでも、どの方角でも結構です。仏壇や神棚、床の間や玄関に、また、寝室や勉強部屋などでは目より高い位置がよろしいです。


 年間祈祷、年間供養は一年間毎月拝みますのでご安心ください。


さて、

お不動さん(不動明王)のお姿には十九の特徴があります。


身体は基本的に醜い青黒い色で、これは煩悩の泥の中において衆生を救おうとする心を表しています。

そして、人間界の煩悩や欲望が天界に波及しないよう烈火で焼き尽くす炎の中におわします。

世の中の不正や間違った生きかたへの怒りによって逆巻く髪は、活動に支障のないよう弁髪でまとめ上げ、

右手には迷いを断つ剣、左手には悪から衆生を引っ張り出す羂索を握りしめ、

憤怒の相で岩を組み合わせた盤石の上に座して「一切の人々を救うまではここを動かじ」と決意するお姿です。


十九の特徴とは、

一、大日如来の化身、使者であること。

二、真言中に「ア」・「ロ」・「カン」・「マン」の四字があること。

三、常に火生三昧に住していること。

四、童子の姿を現わし、その身容が卑しく肥満であること。

五、髪の毛の上に七沙髻があること。

六、左に一弁髪を垂らすこと。

七、額に水波のようなしわがあること。

八、左の目を閉じ右の目を開くこと。

九、下の歯で右上の唇を噛み、左下の唇の外へ出すこと。

十、口を固く閉じること。

十一、右手に剣をとること。

十二、左手に羂索を持つこと。

十三、行者の残食を食べること。

十四、大磐石の上に安座すること。

十五、色が醜く、青黒であること。

十六、奮迅して忿怒であること。

十七、光背に迦楼羅炎かるらえんがあること。

十八、倶力迦羅竜(くりからりゅう)が剣にまとわりついていること。

十九、二童子が侍していること。


お不動さんは拝む人をバックアップして支えることを大きな仕事にしてます。

拝む人が迷いや不安で負けそうになる時、剣や索や炎や真言で悟りへ導きます。

お不動さんの火は智慧の火で迷いを焼きます。そして、心にその火のような明るさがあれば、迷いの闇は消えます。

お不動さんは自分の中にいますが、周囲の人や自然や何もかもが、お不動さんのように導いてくれています。あらゆるところにおわします。
                                合掌。



※ Web版「仏教塾・密教塾」を開設しました。

 
アドレスは
http://shintenan.syoyu.net/%E7%9C%9E%E5%A4%A9%E5%BA%B5%E4%BB%8F%E6%95%99%E5%A1%BE%E3%83%BB%E5%AF%86%E6%95%99%E5%A1%BE/



穀菜食の舎会員向け「陰陽研究塾」も始めました。

http://shintenan.syoyu.net/%E9%99%B0%E9%99%BD%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%A1%BE/




 



ご意見ご質問など、お待ちしております。




PR


[ 2015/01/07 19:14 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 陰陽精進料理教室 ご案内  |  ホーム  |  陰陽のとらえかた >>