忍者ブログ


お願いごと
寺報もどきといいますか、眞天庵だよりというものを縁者にお送りしておりますが、住所未確認のかたのためにホームページ下段に1頁だけアップロードしましたのでご覧ください。
http://shintenan.hanagasumi.net/


新年と来る一年間の護摩祈祷ご案内も始めておりますが、

こんなことをお願いしてもよいのだろうか?

どんなふうにお願いごとを書いたらよいのだろうか?

というようなお問い合わせがあります。


何でも大丈夫です。お願いごとに高下尊卑優劣はありません。


密教の修法は四種類あります。もっともポピュラーなのが「息災法」

災いを息(や)む、つまり消すことです。

世間的には、病気を治す、災害を除く、などですが、仏教の本義(これを出世間と言います)では、自他の罪障消滅、煩悩を息むこと。


他にも、世間的な祈願としては、

延命、福寿増長、災難の降伏、差別をなくして人を愛する、平和などがありますが、これらを祈るということは、

智慧を増し、世間を調和し、不安悩み迷いの煩悩を降伏させることにつながります。


息災について『桧尾記』には、

・五逆罪(母父を殺す、聖者を殺す、仏身を傷つけ出血させる、教団を破壊する)などの罪を滅す。

・三途(地獄・餓鬼・畜生)などを滅す。

・火難、水難などを除く。

・悟り(幸せな境地)を得る。

とあります。


お願いごとは希望です。希望があれば人は前に進むことができます。

前に進むには多少の努力工夫が必要になることもありますが、進むうちに自信がついてきます。

そうなればもう安心。自信があればしあわせになれます。
PR


[ 2012/11/30 13:45 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 選挙公約  |  ホーム  |  選挙ですね。 >>