忍者ブログ


さあ、おうちに帰ろう。
出張が続いて不在がちですが、出かけているといろいろ気がつくことがあります。


その土地の顔

というのがある。

宮城の顔、新潟の顔、福島の顔、栃木の顔、横浜の顔、大阪の顔、徳島の顔・・・。

昨今はどこもかしこも均一な街が増えましたが、人の顔は郷土色がでます。

おもしろいのは、栃木県人が大阪に住めば、大阪の顔になる。




大阪でも東京でも、お昼時になるとサラリーマンやOLが食事処に入ります。

外食ですね。

週5日で毎月約21回

盆正月の休みを除いて一年で約240回。

それだけの量を食べて大丈夫なものを食べているのだろうか。


お昼以外の家での食事で、お野菜いっぱい、いろいろ考えて作ったものを食べている人と、そうでもない人ではずいぶんと違う人生になるのだろうな。



ホテルの朝食会場では和洋中と豊富な料理が並びますが、パン食の人も少なくない。

パンは水分量で見れば、ご飯や麺に比べると陽性。

朝は比較的陰性な食事にして交感神経を刺激したほうが、日中活動的に過ごせます。

だから、朝はパンよりご飯が適していると思うけれど、

パンにするなら、野菜や果物やスープをたくさん摂って陰性にするといい。



パンがご飯と決定的に違うのは

ご飯はお米と水が主ですが、

パンは小麦粉と水だけではなく、いろいろなものが含まれています。

そういうものはどうなのだろうか、

とちょっと考えてもいいかな。




人がものを食べている姿を観るのは面白い。

食べる、というのは獣と同じになる瞬間だから、その人の本性が現れる。

最近は口が横に大きい人が多く、おちょぼ口は少ない。

望診法では、口で胃腸の状態を診ますが、陰性なタンパク質が多いから、胃腸が横に広がり、口も大きくなるのでしょうね。

昔と比べるとたんぱく質の摂取量が増えたのがよく分かります。




出張が多いと人と話す機会も多い。

話がうまく進む相手は、

言いたいことの7割くらいだけ言って、全部は言わない。

そうすると、相手が何かを言ってくれる。 

ふんふん、そうだねえと聞く。

そうすると、何事もうまくいく。

なんでもかんでも、全部は言わないほうがいい。



 
たまたま在宅している時に、その日を選んでくれたかのように飼い犬が死にました。

少しづつ食べる量が減って、

好きなものも食べなくなり

運動量も減って、一寸歩いては家に帰りたくなり

寝ている時間が増え

ブラシをかけても嫌がらずじっとしている。

ついには食べることをやめて四日間、暖かい陽の下で寝ころび

吠えることも声を出すことも無くなり、

最後の晩、

あの世へ鳴らす鐘のように 弱々しい遠吠えを2回 

ふかふかの柔らかい土の場所を選んで、

自分で末期の水を飲み、

身体を横たえて、眠るように死にました。


特に遺言は無く、おおよそ80歳くらい。


まだ温かく柔らかい体を、縁側の毛布の上に移動したら、

そのあまりの軽さが悲しかったけれど、

その軽さが穏やかな死なのだろうな。

 
土葬して翌日は雨。

桜の花びらがたくさん振りました。
 
これは自然の仲間からの香典。 


ある種の理想の死にかた

かもしれない。


PR


[ 2015/04/22 08:38 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 10-1、非仏教的思想  |  ホーム  |  グッド・バイ >>