忍者ブログ


タケノコの始まり
タケノコが採れ始め、しばらくは楽しめます。

楽しめるしばらくが過ぎても、タケノコは次々に発生し成長してしまうので、

薮防止のためにそれを刈り続けるという面倒な時期も近い。


新鮮だから、母は唐辛子だけで、僕は大根おろしだけでアク抜き

田舎だから気合いだけでも抜ける。




タケノコ昆布は食養的(ごま油で強火にして炒め、昆布は1割量、醤油は純正天然醸造、水は使わない、油は飛ばす)に作れば抗がん剤代わりになり、少し陰性にすれば毛髪の滋養になります。ということは小腸の滋養にもなる。小腸は免疫力に関係するところ。

ということは、毛髪で免疫力を望診できる、ということ。


食品成分データベースhttps://fooddb.mext.go.jp/
によれば、

たけのこ               昆布
ナトリウム  無し         2800
カリウム  520         6100
カルシウム  16          710
リン     62          200
(可食部100g中の㎎)

なので、

タケノコはとても陰性、昆布は陰陽両方の要素が多く、アルカリも強い。

これを利用すれば 、いろいろな味と効果が期待できます。





焼いて大根おろしとサラダ 



アラメと煮〆る。


山のものは海のものと合い、

白いものは黒いものと合うので、

タケノコと海藻は相性が良く、

腰回りの臓器の滋養や、古い陽性を溶かすのにも効果的です。

何より、季節のものはうまい。





PR


[ 2017/04/26 08:51 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 最強の言葉  |  ホーム  |  心臓が左ではなく正中にある理由 >>