忍者ブログ


仲良くしよう
国家間でも組織集団でも、

個人と個人でも、

仲良くすればうまくいくし、楽しい。

それがなかなかできずに、争うことは多い。

生存競争で勝ち抜くために、

そういう生き物になったのだろうか。


故人が一番喜ぶのは、

残された家族親族遺族が仲良く暮らすことです。

 それは、

生きている僕らが、

子や孫が仲良く楽しく暮らしているのを見て、

うれしく思い、安心するのと同じ。


誰かと仲良くすることで、

一番の恩恵を受けるのは自分自身です。

仲良くする、という行為が、

自分に無上の平安と充実感を与えるから。

そこに見返りはいらない。

その時、

他を助けたから自分が助けられる、というものではなく、

助けたら助かる

という縁起になる。


 反対に、
 
争いや揉め事を起こしていれば、

自分の心は乱れ、悩みは増える。

助けないから助からない、ということになる。


何か意見が合わないことがあっても、

違うのはその意見だけのことであり、

人格とは関係ない。

意見が違えば、こちらの知見は広がる。


急がなくてもいい、

ゆっくり仲良くすれば良い。



『菩提心論』では、
 
こよなきさとりを求めるためには、

慈悲(仲良くすること)
向上心(道を求めること)
瞑想修行(心をまとめること)

が必要としているけれど、

仲良くすることが第一に挙げられているのは、

僕らは、本来清浄で仏のような無限の心をもっているのだから、

仲良くして、

互いに利益安楽しようとするのが当たり前なのである。

PR


[ 2018/05/06 14:14 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ウコンによる肝障害について  |  ホーム  |  なるほどなるほど >>