忍者ブログ


初めての出来事
『私の嫌いな10の言葉」(中島義道 著)を気分良く読んでいたら、

中野翠『へなへな日記』の引用で、

「ブスという言葉は、うまい。たった二文字なのによく感じが出ていると思う。感心してしまう。」

とあり、中島先生は、鋭敏な言語感覚と書いています。


デブも同じですね、聞いただけでよくわかる。

耳で聞いてよくわかる、というのが大切。

家庭と過程と仮定など、聞いただけでは分からない言葉は良い言葉ではない。 

ブスでデブも、

しっかりと伝わる言葉で、何より短いのがいい。

それに比べると、

あなたは良い人だ

キミは優しい人

なんていうのは胡散臭い。

本当はそうでもなく、裏では何か悪いことをしていたり、

心の中は違う印象がある。


ちなみに、

「○○にやさしい」というのは、

「害はある。しかし今までの製品よりその悪さの程度はやや低い」ということ。
(お言葉ですが4 広辞苑の神話』高島俊男)

優しい人、と聞くとそれを思い出す。




この夏,

長男は海外の学会(複雑系物理化学というモノらしい)に出席し、

次男は化学工場の研究所でインターンシップに入り、

どちらも初めての経験。

僕もこの夏、

人生で初めて、

「おじいさん、どうぞ」

と、宇都宮線蓮田駅を発車してすぐに席を譲られた。

僕はおじいさんなんだ

と知り、

これからは何をしても、老いぼれだからという理由で許してもらえるかもしれない、

と思ったら、ずいぶんと気持ちが楽になった。






PR


[ 2017/08/01 09:27 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 肥満(ダイエットの失敗)の原因と食養  |  ホーム  |  便秘の原因と食養 >>