忍者ブログ


夏の麺
沸騰した湯にそうめんを入れて、再度沸騰したら1カップの差し水をして、そのままの火でまた沸騰したらザルにあげ、冷水で洗って水を切ります。

そうめんはすぐ伸びて味が落ちるので、手早く盛り付けて食べましょう。

今の時期、泣きたくなるくらい辛い夏大根をおろし、醤油と山椒の塩漬けを載せます。

辛味が我慢できない人は、醤油の半分量のごま油を加えます。この食べかたは、関節や目にたまった脂肪が溶けて楽になります。






さぬきうどんは多めのお湯で、袋書きにあるゆで時間より、1.5倍くらい長くゆでます。

冷水で洗って締め、ザルに上げます。

昆布しいたけ出汁4、純正醤油2、スダチ酢1くらいの割合で合わせて冷やし、うどん出汁にします。

生姜おろし、大根おろしも合います。








昆布出汁でカレー粉と小麦粉少々を溶き、醤油、ネギまたは玉ねぎを加えてひと煮立ちさせたカレーに加えます。

うどんには醤油味のカレーに仕上げます。

PR


[ 2013/07/08 13:28 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 紫斑病について  |  ホーム  |  放射性物質・電磁波の食養的対応例 >>