忍者ブログ


手当たり次第
耳や足の裏にはたくさんのツボがあって云々

ということはよく知られていますが、

右片頭痛があったので、左ひざを揉んで治す、ということもある。

その反対もある。


リューマチで指が痛む母は、里芋パスターをしていたが、それが面倒になり、

最近はラドン含有のマッサージジェルを患部にすりこんで寝ると快調らしい。


こういうジェルは化粧品なのだけれど、使いかたによっていろいろ有効。

僕も先日、痔の気があったので使ってみた。



糖尿や胃の疲れがあると、後頭部に吹き出物が出る。

最近は体重が56キロ台になり、痩せるとちょっとの量で食べすぎの症状が出る。

後頭部がかゆかったので、ネギのひげ根を炒り玄米と炊く。


 

インフルエンザが流行っているから、これを飲みなさい

とタミフルを渡される。

それよりもネギ味噌湯のほうが、僕には効く。

ネギの陰性で殺菌し、味噌の陽性でお腹を温める


テレビでB型肝炎のウイルス映像を観たら、陽性な形だった。

インフルエンザウイルスも陽性な形。

だから、どちらも対応は陰性な飲み物になる。



手相の細かい線を質問してくる人が少なくないけれど、手相で大切なのはその線の色。


濃くて太い線でも色が汚い、艶が無い、などは内臓が疲れている、だから感情が不安定になりやすい。

食事や生活で血行を良くすればきれいな線になり、そうすれば運が良くなります。



小山市小堀商店の湯葉が僕の好物で、大根、しいたけ、人参と炊く。



今日のお昼12時ころ、

下りのドクターイエローを新横浜で見られるかもしれない。





PR


[ 2015/01/16 06:51 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< LINE雑感  |  ホーム  |  白鳥の湖 >>