忍者ブログ


永遠の伴侶
街に出るとクリスマス色ですね。

クリスマスイヴまでに読むといいよ、

と先輩からもらった本が

『輝く夜』(講談社文庫・百田尚樹 著)



クリスマスは神さまが身近になるような気がしますが、神との交流が書かれている
『ラーマクリシュナの福音』の中で、ナレンドラ、のちのスワミ・ヴィヴェーカーナンダが言います。


男が色欲を持っている限り、かれにとって女は存在するのだ。

色欲から解放されれば、人は性の違いを見なくなる


そしてラーカールが言います。


明かな智慧に到達するためには、人はマーラー(色欲と物欲)の領域を越えなければなりません。



このように若い修行者たちは語り、完全な孤独の生活に入り、神に浸りきって生活したい、と思います。


完全な孤独は、完璧な自由です。



ラーマ・クリシュナは言います。

私は、誰から何をしてもらう必要もないのです。主(神)が、私の唯一の拠り処です。かれが、私どもの世話をしてくださいます。


これくらいの信仰があれば、神は永遠の伴侶となる。




信仰ということは難しいもので、簡単には身につきません。


人類は「疑う」という煩悩によって、科学技術などの文明や思想を進歩発展させてきました。

だから、信じるという力が弱いのかもしれない。

だから、妄想や錯角を簡単に信じてしまうのかもしれない。


両親、つれあい、我が子、友人を微塵の疑いもなく信じることでさえ、簡単ではない。




でも、理性的に信じることができれば


より良いものを選ぶ力

他者への無限のいたわり

心を静める力


を得られると『菩提心論』や『三昧耶戒序』にあります。



そのように信じることができる相手がいれば、自分にとって永遠の伴侶となり、自分を大きな力で守ってくれます。


世の中には色々なことがあり、

地震津波台風があれば多くの人が死んでしまう。

そうでなくても、僕らはいつか必ず死ぬ。

なのにわざわざ人を殺す戦争や犯罪があります。


自分が手を下さなくてもいつかは死ぬのに、どうして殺そうとするのだろうか。


何も信じていないからだろうか。 


PR


[ 2013/11/19 10:55 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 秘密  |  ホーム  |  リンゴとミカン >>