忍者ブログ


穏やかな日
この連休は穏やかで暖かい日が続きました。

一昨日夜遅く、福島二本松のネモトさんがいらして、最高のトロ米(このお米は本当にうまい)とカップラーメン1ケースをお供えしてくれる。

翌朝、仏前と自室で修法。

なぜ2回拝むのかというと、自分の行と、縁者の祈願のため。

僕らの業界では自分のために用いて、他人のために修法してはいけない、という作法があります。

心の中で火を焚く内護摩とか、延命之秘法とか、調伏とか。



母が風邪気味なので、レンコンと干しシイタケのスープ、レンコンと葛とネギの茶わん蒸しを作る。

ちなみに風邪の時、お出汁は干しシイタケ、大根、レンコンで引きます。


風邪を引きそうな時、身体が疲れて酸化している時もよろしい。


午前中、縁者の四十九日を拝んで、午後は次男の寮へ荷物を届ける。

父と近所の沼にある遊歩道をウォーキング。

天気が良いので大勢の人が歩いている。


穏やかな日かどうかは自分の心の問題で、僕が穏やかだと思えば穏やかである。

僕がイライライしてり不安なら、穏やかな日にはならない。



たくさん遊んで、

ああ、楽しかった。

とか、

お腹いっぱい食べて

ああ、おいしかった。

隣でそういうことを言ってくれる人がいたら、生きている喜びがある。
 

言ってくれる人がいなければ自分で言えばいい。

ああ、楽しかった。

ああ、おいしかった。


そうすれば今日は穏やか。


______________________________

※穀菜食の舎会員ページ
「足について」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/ptOzA9KDKnA


PR


[ 2015/01/13 09:51 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 白鳥の湖  |  ホーム  |  手をつなごう >>