忍者ブログ


セイタンの効果
心臓の食養について相談があり、セイタンの話をしたのですが、

セイタンは「マルシマ」という醤油屋さんが出している生麩(小麦グルテン)の佃煮。

岐阜の伊深時雨や、寺院が多い地域にも生麩の佃煮、時雨煮がありますが、

醤油以外の余計なものが入っているので、料理としてはおもしろいけれど、食養で使うには工夫が必要。

心臓を動かすには卵醤で良いのだけれど、アレは薬みたいなもので、料理なら苦味を使うか、セイタンが便利。

その他、骨のトラブルや貧血にも使える。

陰性な大豆を陽性な味噌や醤油にしたり、

陰性な梅の実で陽性な梅干を作るのと同じで、

陰性なグルテン(小麦と大豆ではちょっと違うけれど)が醤油と火(時間)で陽性になっている。

こういうところが料理のおもしろい点ですが、

元々が陰性なものなので、排毒の作用が期待できます。

塩のように陽性だけだと、締まりすぎて排毒できない。

セイタンの成分は

(100gあたり)
エネルギー 169kcal、 炭水化物 8.5g 、たんぱく質 28.6g 、ナトリウム 2800mg、
脂質 2.3g 、食塩相当 7.1g


単純にナトリウム量で比べると、

梅干は 8700㎎
麦味噌 4200㎎
豆味噌 4300㎎

梅干や味噌よりずいぶんと陰性。


材料としてはおもしろいし旨味も多いので、普段の料理でもいろいろ使うと便利です。

値段もそれほど高くない。



昨夜作ったのは八宝菜風。

セイタンの7倍量程度の野菜キノコを合わせれば、陰陽のバランスがよろしい。



PR


[ 2017/03/30 07:59 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 本当の話  |  ホーム  |  心臓の違和感 >>