忍者ブログ


祈祷について
新年のご祈祷をして、お札をお送りしました。

一年間毎朝ご祈祷しますので、ご安心ください。


拝むことは心を静かにして観察することですが、

それによって心が晴れ、広く限界が開けます。

そうすると、

あらゆるものに対して優しさ、いとおしさ、懐かしさが生まれ、

他人のことを拝んでも、自分の心が平安になるので、自分自身が拝むことの恩恵を受けます。

拝むことで、他の心を開いて真理を示すというようなことにもつながる。



病気や災難を止めることは、心中の煩悩を除くこと

商売繁盛繁栄栄達を祈るのは、心中の福智を増進すること

怨敵悪魔を降伏させたいと願うのは、根源的な無知を降伏させようとすること

誰からも愛されたいと思うのは、慈悲の徳を大きくすること。


つまり、

世間の祈りの中に成仏(悟り=自分の心を知ること)が隠れています。

悟りとは幸せのことで、

幸せとは心が平安になることです。



世間の祈りは比較的即効性が期待されますが、

成仏(悟り)は時間がかかるりますし、必要と思わない人も多い。

でも、

長く祈り続けることで、世間の解釈は豊かになり、利益は長持ちします。

僕らには元々仏になる性質が隠されていますから、

苦しみ悩みを解決する能力もあるはずです。


密教は大日如来を総尊として、

阿弥陀、観音、不動、地蔵、文殊、普賢、薬師等々、

多くの仏を立てます。

それらの仏はそれぞれに誓願があり、特徴がある。

僕らの心が時間によって変わるように。

そして、

僕らの願いと仏の願いが溶け合う時に、

心が、それぞれの仏に成ります。

例えば、

仏さまを供養する。最大の供養は菩提心を発すことです。

菩提心は悟りを求める心で、その中心のひとつが慈悲心。

慈悲は思いやりと優しさです。

この心があれば、自他は平安になり、仲良く暮らすことができます。

仏の誓願は、皆が仲良く平和に暮らして、悟りに向かうことですから、

僕らが供養する時、僕らは仏になります。


自他の平安と所願成就のために、ご一緒に拝んでください。
PR


[ 2017/01/07 07:25 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 七草粥  |  ホーム  |  長い一瞬 >>