忍者ブログ


長い一瞬
何かに集中していると、他のことに気づかないことはよくあることですが、

拝んでいる時に、気を失うようなことがあります。

何もかもが無くなり、ただ存在しているだけになる。

そうでなくても、

何か物思いにふける時もあり、

広々として風通しの良い静かな心持ちになることもある。

そういう時間はずいぶんと長く味わっていたように思われるのに、

実はほんの数分のことある。

 
誰でも心の扉を開ければ仏法の風が入ってくるけれど、

その扉は重かったり、鍵がかかっていることもある。

静かに座って懺悔反省していると、扉が軽くなり、鍵が開く。

その時間も長いように思うけれど、実は一瞬。

体験は時間を越えるようで、

心は実際の時間より、ずいぶんと速く動く。

「こだま」より「ひかり」、「ひかり」より「のぞみ」のほうが速い。



川上監督が現役のころ、

ピッチャーが投げたボールが止まって見えた。

それを撃てばヒットになる

という話は野球ファンには有名だけれど、

練習すれば速球も止まって見える。速いと思っていたものがゆっくりになることは、何でも同じである。

 
だから、

人生も一瞬に集約する。

心は間段の無い連続体だから、

この練習を繰り返せば、心をコントロールして怒りや貪り、慢心、疑いを、

心の平安(これを幸せという)に変えることが一瞬にできるはず。


アインシュタインは、

「熱いストーブの上に手を置くと、1分が1時間に感じられる。でも、きれいな女の子と座っていると、1時間が1分に感じられる。それが相対性」

と言う。

そして、

特殊相対性理論では、物体が高速で移動するほど、その系における時間の流れが遅くなる。

さらに、

時間はそのものの実体が無い。

例えば「今」というものは無い。

今を正確には定義できないから。

今は時間的な長さが無い一瞬で、

どこからどこまでが今なのか、

は定義できない。

「今」は存在するけれど、確かな実体はない。

過去とか未来とかの関係性においてのみ「今」がある。

これを「空」というのだけれど、

ともかくも、

今日も僕は長い一瞬を体験しながら生きている。









PR


[ 2017/01/06 08:47 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 祈祷について  |  ホーム  |  冬の症状 >>