忍者ブログ


『密厳院発露懺悔文』僕訳
興教大師覚鑁上人の『密厳院発露懺悔文』現代語僕訳。

歳をとると、より身に沁みます。


_______________________________________


僕はここに心から懺悔します。妄想と錯覚ばかりの毎日で、多くの罪を犯してきました。


僕の行動もおしゃべりも思いも、みんな悪いことばかりでした


他人に施しをすることもなく、気の向くままで、戒めなどまったく守らなかった。


いつも怒ってばかりで耐え忍ぶことをせず、怠けることばかり考えて努力をしない。 心はいつも乱れているのに座禅もしない。


人の道にはずれているのに、ちゃんと勉強もしない。

真面目に修行しないので、地獄行きの列車に乗り込んでいる。


僧侶の名を借りて寺院を汚し、僧侶の格好をしてお布施をもらっている。


授けられた戒律は、とっくに忘れてしまい、学ぶべき修行は嫌いになっている。


仏さまたちが嫌がっていることを恥とせず、菩薩たちを悩ませていることを恐れない。


遊びまわり、くだらないことばかり言っているうちに年をとり、心にもないお世辞や嘘を言っている間に、むなしく日は過ぎていく。


善き友を避けて、愚かな友と親しみ、善いことをしないで悪いことをしてしまう。

名誉のために自画自賛し、徳の高い人をねたましく思う。


自分より劣った人を見ては高慢になり、金持ちの暮らしを聞いてはあこがれ、貧乏な暮らしを聞いてはおぞましく思う。


過失でも故意でも殺人にかわりなく、大ぴらに盗んでも内緒で盗っても泥棒にかわりがない。


触れても触れなくても、不純なことばかり考えている。


悪い言葉と心のはたらきで、坐禅瞑想しても心が落ち着かず、経を読んでも間違える。


もし善いことをしても、その結果を期待するから、かえって煩悩まみれになる。


毎日の暮らしのなかで、知らないうちにたくさんの罪を犯している。

今ここに、仏・法・僧の三宝に告白いたします。


なにとぞ慈悲のお心でおゆるしください。


すべてを懺悔いたします。自らの行いと、言葉と、心の動きによってできた罪を、僕はすべての人に代わって懺悔いたします。


どうか、すべての人が悪行の報いを受けませんように。

このように懺悔をしましたので、もし「報い」があったとしても僕はそれを受けずに修行に入ります。


PR


[ 2013/05/21 16:04 | 米ぞうの家 ]



<< 教頭先生の話  |  ホーム  |  ゆば >>