忍者ブログ


おこげ
トーストは真っ黒になるくらい焦げたのが好き。

僕はお腹が冷えやすいので、オコゲのような陽性をおいしく感じます。

オコゲは炭素だけれど、

炭素は空気中にも体内にも、食べ物にも、いろいろなところにあります。 

有機物ですね。

空気中の二酸化炭素や塵などに含まれている炭素は、

もちろんひとつではなく、たくさんあります。

それらは同じ炭素だから、同じ姿と性質と働きがあると考えられます。

その空気中の炭素と、

僕の身体の中にある炭素と、トーストの炭素は、同じなのか違うのか。

きっと、隣に寄り添っているものは違うでしょうね。

でも、

個としては別物だけれど、

同じ性質、姿、働きを持っている炭素。

その炭素はどこからきて、どこへ行くのか。

エネルギーになり、

空気になり、

身体になり、水にもなり、

炭になり、

ダイヤモンドにもなる。

変化して、何かの共になる。

もちろん、

仏にも僕にも衆生にもなる。

しかし、

炭素という実体は、

本当は無い。
 

※「ひとこと

※「阿吽・精進料理散策

※「僕の鉄道日記
PR


[ 2019/01/19 11:31 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 麦飯  |  ホーム  |  存在の原理 >>