忍者ブログ


こうすれば幸せになれる、という方法は無い。
『THE BIG ISSUE』 340号(2018.8.1)に、

雨宮処凛がオウムについて書いているのが興味深い。


人はある時期、生きる目的を探す。

僕も若いころ、

なぜ生まれてきたのか、

何のために生きるのか、

「僕」が僕である理由は何か、

を探した。

もし、

誰かがその答えを教えてくれたらどうだろうか。

楽になり、幸せな気持ちになるだろうか。

たぶん、そうはならない。


大切なのは、疑問を持つことである。

本当だろうか、

なぜだろうか、と。

その答えに、論理的矛盾はないだろうか、と。

意見や感想では答えにならないのだから。


真言宗で大切にしているものに『十巻章』がある。

弘法大師の著作と『菩提心論』の十。

難しい文章もあるけれど、百回くらい読めば僕でも少しは分かる。

実践的なこともかかれているから、それを試してみる。

そうすれば、答えが見つかるかもしれない。


もし、

あの人のように生きたい、

と思っても、その人の言動は本当だろうか、と疑い、

確認して勉強し実践しなければ、

自分の生きかたにはならない。


生きるも目的も幸せも、

これだ、という方法は無い。当たり前である。

その定義もないし、人によってさまざまであるから。


人生は自分で工夫して歩かなければ、

目的地にたどり着けない。






PR


[ 2018/08/17 09:09 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< おむすびの効用  |  ホーム  |  仏教は何をしているのか >>