忍者ブログ


しあわせはそのへんにある。
昨日いらしたご婦人が


昔の豆腐はおいしかった。

今の豆腐は賞味期限が過ぎても食べられるけれど、

昔の豆腐はすぐに酸っぱくなった。


と言う。


この辺に、今の食品事情があらわれているのだろうな。


日本人は、

豆腐や白いごはん そのものをおいしく感じて、

日本の料理はおいしい素材の味を引き出すように作ります。

豆腐そのものがおいしくなければ、それもできなくなるのだろうな。


昨今、天然醸造の醤油などがあまり売れないようですが、そればかりでなく、ハウス食品のような大きな食品会社も減益です。

今や、カレーでさえ、家で作らない食卓になっているのでしょう。

この辺にも、様々な問題の原因があるのだろうな。



それはさておき、


『涅槃経』(大パリニッバーナ経)には、お釈迦さんが亡くなる前の言葉として


大海における島のように、自分をたよりとし、他人をたよりとせず

法をよりどころとして、他のものをよりどころとせずにあれ


とあります。

法とは世間の実相、具体的には縁起や空などの法則。


そして、

身体については身体を観じ、よく気をつけて、貪欲と憂いを除くべきである。

感覚についても、心についても同じように、よく気をつけて貪欲と憂いを除くべき。

と続きます。


あらゆることがらについて、それをよく観察して、気をつけていれば、適切な判断が得られ、人に嫌な思いをさせず、自他ともに幸せと平安に向かうことができます。


例えば、

何かにつけて急ぐ時と、待つ時がある。

早く早くと急ぐ時、

じっくり変化を待つ時。


急ぐことに何か良いことがあるのかは分からないけれど、待つことにはメリットが多い。

それは、

待っている間に考えられる

ということ。

考えれば、それが正しいのか、自分に適しているのか、人に迷惑をかけないだろうか

などを熟考できます。




恩師でもダライラマでも父親でも、尊敬できる人が何かを言ってくれる。

ふむふむとうなずく

その後が問題。

「その人が言った」だけでは、ただの戯論やうわさ話に過ぎません。

仏教のことなら仏典にあたり、食養のことなら陰陽で考え、そして不明なものを含めて実践して確かめる。



そのような方法により、知識が智慧になり、人生の役に立つ可能性が大きくなり、

他人に不快な思いをさせることが少なくなります。

それに、

勉強しないで自分の意見を言うのは恥ずかしい。


個性には長所と短所がありますが、ちょっと待って考えれば、短所は長所かもしれない。

人生には生老病死の苦があり、愛する人との別れ、嫌いな人との出会い、欲しいものが手に入らない、自分の体や心が思うようにならない、という苦があります。

いずれにしても、苦しみは「思い通りにならない」こと。

世の中の多くは思い通りにならず、妄想だけが思い通りになります。

思い通りにならないものも、考えてみると思い通りになるものかもしれない。そもそも、思い通りになる必要があるのだろうか。

そのように考えると

しあわせは、いくらでもその辺にころがっています。



待つ、考える、

というのは、快適に平安に生きるための良い方法ではないか、と僕は考えています。

PR


[ 2013/10/27 16:06 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 醤油とソースの違い  |  ホーム  |  やぶにらみ料理論 >>