忍者ブログ


たべもの放談
昔々、クリームソーダに入っていたのはシロップ漬けのチェリー。

僕はあれが真正のサクランボだと思っていたのだけれど、


あれはサクランボではなく、チェリー

と妻が言う。


そもそも今見る佐藤錦だのなんだのという「ホンモノ」のサクランボなんて、その頃は存在すら知らなかった。

サクランボだけではない。

エリンギ グリーンアスパラ、ブロッコリー、モロヘイヤ、水菜、ミニトマト、サニーレタス、いろんなハーブ・・・。

子どもの頃は無かったものばかり。


その代り、馴染みのあったトゲトゲのキュウリ、トマト臭いトマト、まくわ瓜、シトロンソーダ、おっぱいアイス、銀紙包みのアイスクリームバー ・・・。

今でもあるのだろうか。


ところで、

イギリス食品基準庁ではジャンクフードを「高カロリー、高塩分、または多量の砂糖を含んだ食品」と定義しています。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/6187234.stm


ということは、

高圧の玄米ごはん、塩気と油の多いおかず、陽性に過ぎたスープ・・・。

あれ、ジャンクフードなんですね。



それはさておき、

修行僧には食事に関する戒律が多く、『四分律』にあるだけでも四十を越えます。

ねぎ、ニラ、にんにく、生姜、ラッキョウなどは、その臭気のため修行や説法に差し障りがあるから避けるべき、とされています。

『僧祇律』には、

これらは熟したものを食せば淫を発し、生のものは怒りを増す

とあります。

だから食べないほうが良い、ということになっている。


そして、これら臭気の強いものには肉魚も含まれる、という考えかたもある。


しかし、肉魚以外の所謂五辛には、殺菌、防腐、滋養強壮、辛味が脂肪を溶かす、抗酸化作用がある、陽性毒を溶かす、などの特徴があるので、僕は料理や手当てに使います。

淫や怒は、動物性食品内の陽性とリンなどの陰性が結びついた結果だと、僕は考えています。


食事内容の他には、

正午から翌日の明け方までは食事をしない非時食(ひじじき)が定められています。

『十誦律』ほかにありますが、お昼を過ぎたら食べない、と言うこと。


また、美食を禁じた「索美食戒」は多くの仏典にあり、

『四分律』によれば美食とは

乳、酪、魚、肉など

これらは貪り、怒り、無知を増長するから行者は食べるべきではない。




かように健康な修行者に対しては、一日一食の粗食が厳格に守られていましたが、

病人には、

あらゆるものを食べてその心身を回復するように、

と教えています。(『十誦律』)

いかなる戒律を破ってでも治療に専念させる、

とうのがお釈迦さまの立場でした。

最も大切なのは修行して悟りへ向かうこと、その妨げになるものは改善する、という当たり前の考えかたです。


また、仏教には敬い仕えると福徳を生じる、という対象が八あります。

それは

仏・聖人・和尚・阿闍梨・僧・父・母・病人。

このうち、病人の看病が最も功徳を積む、とされていました。


翻って考えれば、

家庭のごはん、外食、自然食、離乳食、病院食、ジャンクフード・・・。


食べるべきもの、避けたいもの、時と場合によって食べるもの食べないもの

世の中にはいろいろあります。


人間の心身が毎日変化するように、野菜も米も毎日変化し、気候も何も一定ではありません。

だから、

僕の料理も毎日違います。二度と同じものは作らないし、作れない。同じものなんて役に立たない、意味が無い。

今、何が大切なのか 目的は何か

これが分かれば、たべものでいろいろなことができるようになります。



________________________________

会員用ページ更新しました。

「陰陽が調和する料理とはこういうもの」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%A9%80%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E8%88%8E%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/%E9%99%B0%E9%99%BD%E3%81%8C%E8%AA%BF%E5%92%8C%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%99%E7%90%86%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%86%E3%82%82%E3%81%AE


「凡そ一切の病は貪瞋痴より生ず」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%A9%80%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E8%88%8E%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/%E5%87%A1%E3%81%9D%E4%B8%80%E5%88%87%E3%81%AE%E7%97%85%E3%81%AF%E8%B2%AA%E7%9E%8B%E7%97%B4%E3%82%88%E3%82%8A%E7%94%9F%E3%81%9A

PR


[ 2013/09/24 16:06 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ホメオパシー雑感  |  ホーム  |  陰陽が調和する料理とはこういうもの >>