忍者ブログ


ふつふつだより
15年ほど前、

20代のかわいい女の子が我が家を訪ねて来、

四国八十八か所を歩いてお遍路さんしたいから、いろいろ教えてほしい

と言う。


お遍路の後、高野山尼僧学院で修行、そして山内で勉強していた時に東日本大震災。

地元の宮城県塩釜市に帰り、地域の復興を手伝い、東松島の介護施設で働きながら、尼僧さんとして活躍しています。

僕も、被災地に拝みに行く時は、いつも彼女にお世話になっています。

彼女が毎月、素敵な新聞を発行しています。

今月号には彼女自身のことが書かれていて、ついでに僕の講義録も載っており、上手にまとめてくれています。

どうぞ、お読みください。





PR


[ 2015/12/03 06:56 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 平成28年のお知らせ  |  ホーム  |  葱、ネギ、ねぎ >>