忍者ブログ


二而不二
「ににふに」

と読みます。ちょっとかわいい。

ふたつにして、ふたつでない。

二而は、本来ひとつのものを、ふたつとみる

不二は、ふたつと見るけれど、実はそれらはひとつである

ということで、

密教思想で基本となる考えかた。

表裏一体、に近いかな。


智慧と慈悲

我と仏

原因と結果

迷いと悟り

モノと心

生と死

地獄と極楽

みな、二而不二

という立場です。


ところで、

成仏する(悟るため)には、とても長い時間の修行が必要で、

それは何度も生まれ変わって続けなければ到達できないなら、

そんなものに意味があるでしょうか。

今すぐに、とはいわないまでも、

一生のうちに成仏しなければ、人生の役に立たない。

ということで、

密教の即身成仏があります。

それまでの仏教は、縁起論が重要だったけれど、

密教はそれよりも成仏論が優先し、充実しているように、僕は考えています。


密教では、

お母さんとママ

おにぎりとおむすび

カレーライスとライスカレー

みたいに、

同じものにいくつかの名前があります。

宇宙、法界、大日如来、心、卒塔婆、満月、明朗、円明、光明、虚空、我、

などは同じものです、呼び名が違うだけ。

悟り、成仏、菩提も同じ。

さらに、

その反対語のように使われるものも同じ、

というのも二而不二。


これは、心の問題です。

どう考えるか、どう思うかで、

どうにでもなる、

世の中の景色も変わる。


もっとも重要なのは、

主体と客体、本体と現象

凡聖(迷っている人と悟っている人)

の不二。

その三摩地(ピントを当て集中すること:心の探求)修行が、

即身成仏の方法です。


_________________________

☆お知らせ

7月6日午後3時と
  7日午前10時より、

飯田市 千頭山 立石寺にて、

祟りと鬼心による鬼病を治す「施餓鬼法」

悪業の報いによる業病を治す「懺悔礼拝行」

を、お教えします。

お気持ちがありましたら、お申し込みください。

どなたでも参加できます(予約制)

・持ち物
数珠、輪袈裟、
動きやすい服装

・時間
40分程度

・参加費
5千円


予約お申し込みはこちらから。 

PR


[ 2019/05/21 09:39 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 食養で考える精神病  |  ホーム  |  ふたつの成仏 >>