忍者ブログ


人生を左右するもの
土中に保存した冬の野菜はそろそろ食べきる時期。

大根と人参を塩もみし、

リンゴ酢に浸してから絞り

白ゴマをひねって金粉を振りました。







卒業式、春の彼岸と過ぎ、これからは入学式や入社式。

当地では梅が咲き、もっと南では桜が咲く。

窓を開け、布団を干して、春風の中を散歩する。

春はもの悲しいけれど嬉しいことが多い。

切ないけれど希望があふれる季節。



今週28日は月例の不動明王護摩供を修法します。

郡山で最後のお護摩になりますが、どうぞお参りください。

御祈願のあるかたはお申込みください。

春は願えば叶います。 


そして球春。

楽しい季節になります。


野球に限らずスポーツ観戦が楽しいのは、 目の前で繰り広げられるのが事実だからです。

例えば、

選手が走る

攻撃する、守る

点が入る

エラーをする

勝つ

負ける

皆事実。



もし、

選手が走ったらしい

攻撃しているらしい

点が入ったらしい

エラーをしたらしい

勝ったらしい

負けたらしい


だったら全然おもしろくない。

その上、

あの監督はどうのこうの

この選手はああだこうだ

なんて誰かの勝手な想像を聞くのは、昨日見た夢の話をされるのよりも不快になります。



この食べ物は肝臓に良いらしい

と聞いたら、

なぜ良いのか、どのような仕組みで効果が出るのか

を調べたり考えたりするのは楽しい。

ただ良いらしい、だけではつまらないし役に立たない。

なぜ良いのかわからなければ何の意味も無いでしょう。



同じように

家相や画数も、それが良い理由、良くない理由を知ることは、後々便利であるだけでなく、間違いや迷いが無くなるから、おもしろい。



ところで、

名前の画数が吉数か凶数か。

方角が良いか悪いか。

家相の良し悪し

何をどのように食べているか。

信仰の有無(心を調えているかどうか、慈悲や精進の気持ちがあるかどうか)


これらは互いに関係があるのでしょうか。


もし、食事が慎ましく行儀よく自然で

名前の画数がよく

家相も完璧で

信仰深い人がいたなら

その人は十二分にしあわせで、家庭も円満で健康。

そして、周囲に安心と希望を与えているのでしょうか。


もし、

食事は良いけれど、

名前も家相も悪く、

信仰なぞ全く無い人はどうなのだろうか。


名前や家相は良くても、

食事が乱れている人はどうなのだろうか。


全て凶数不運の相で、食事もめちゃくちゃな人はどうなのだろうか。 



地鎮祭をしない家でも、その後ご祈祷すれば改善するように、名前を変えれば食が変わり、食が変われば他を変えようともするでしょう。

脳への刺激が変われば、判断が変わるから。


何より、

最も人生に影響するのは、

努力精進しているかどうか、

自分で考えて実践しているかどうかです。


さて、

「食べる」というのは現実の実践的な行為ですが、例えばお肉を食べると。

肉の中でも鶏肉はより陽性ですが、それを多く食べると、陰性な添加物や漢方などを好むかもしれない。

そして、陽性な人生の歴史を作る。


肉食や玄米とごま塩などの陽性なものが多いと、それを消化吸収するために陰性な酸素をより多く必要とします。

すると、呼吸が浅くなり、特に陰性な呼気が弱くなるのでリラックスしにくく、緊張した陽性なストレスがたまる可能性が高い。

すると、陽性な事実より、陰性でスピリチュアルな世界に興味を持つかもしれない。

かように、何を食べるかでも人生は変わる可能性があります。





___________________________________


 
※穀菜食の舎ページ

運勢・実生活との関係「人生を左右するもの・附録」
  http://shintenan.syoyu.net/Entry/371/




PR


[ 2014/03/25 16:25 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 変化する運命  |  ホーム  |  人生を左右するもの・附録 >>