忍者ブログ


仏壇とラーメン
連休中ずっと仕事の僕と、ずっと部活の息子。

今日はふたりともお休み。


で、妻と3人で仏壇を買いに正雲堂へ。http://www.syoundo.co.jp/instanthp/page01.html 


仏壇は小さなお寺です。だから主役はご本尊さん。

そのご宝前で瞑想などの修行、供養、回向、懺悔、祈願、祈祷などをします。

仏教に対して信仰があるなら、仏壇があったほうがいろいろ便利。


 
仏壇内には、ご本尊さんの供養と一緒にご先祖さんの回向もできるように位牌を置きます。

お寺ですから誰が誰を拝んでもよろしい。拝めば拝むほど功徳になります。

有縁無縁どなたの位牌をおまつりしても構いません。拝んであげれば良いのです。

家庭の仏壇は大きさが限られていますから、何でもかんでもというわけにはいきませんが、ご本尊さんやお位牌の邪魔にならないようにすれば、他は気にしなくて大丈夫。


香炉で線香を焚きます。

香が淡々と燃えるように精進し、香りが身に沁みつくように戒律をしみこませて徳を積む。


灯明をともします。ローソクでよろしい。

その火で明るくなるように、心に智慧の火をともせば、悩み迷いの闇は消えます。


花瓶にお花を。

花を見れば自然と微笑んで、嫌なことも耐え忍ぶようになります。

香、ローソク、お花というモノを供えることにも意味がありますが、精進・智慧・耐え忍ぶというような心が最大の供養になる。

そのほかご飯、湯茶、お菓子など、何でも美しくお供えするとよろしい。

自分が食べる飲む前に、お先にどうぞ、と供えれば、心は純化します。



仏壇屋さんからの帰り道、息子とラーメン祭りへ。



著名なラーメンって油が多いのですね。想像以上でした。

ちなみにトンコツはモヤシを煮込んだスープで、牛はネギ類とキノコと香辛料のスープで、魚の出汁は大根とネギとかんきつ類で。酸毒を溶かすことができます。

たんぱく質は酸味で、脂肪は辛味で、と覚えれば便利。お肉魚卵は、たくさんの香辛料と野菜で、のほうが簡単かな。

いずれにしても「量」の問題ですが。


ともあれ、楽しかった。
PR


[ 2013/05/06 17:15 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心のもちかた  |  ホーム  |  食と祈り >>