忍者ブログ


僕らは回る。
僕は家族の一部だから、そのひとりとして役に立ちたいと思い、それを大切に考えています。

同じように、

僕は人間全体の一部であり、

僕は自然界の一部であり、

僕は宇宙の一部です。

それは当然のごとく僕だけではない。

誰もがみなそれらの一部。

そう考えると、あなたも僕も、誰もかれも一緒ですね。みんなで宇宙を作っている。

自転公転、宇宙は回っています。僕も一緒に。



指の指紋を見ると、

中庸な体質なら真中にウズがきれいに巻いています。

陽性過多ならウズが減り、右へ流れます。

陰性が多すぎると左へ流れる。

さて、どの指のウズがきれいかな。

これはツムジも同じ。



僕らの業界では、お堂やご本尊さんを右回りで拝みます。

右繞(うにょう)と言いますが、右肩を仏に向けて回ります。

袈裟も偏袒右肩(へんだんうけん)と言って、左肩は隠すけれど右肩は出す。

右は清浄と考えられていたので、こうして仏への崇拝と畏敬の念を表します。



.
県から「甲状腺通信」が送られてきました。こんなものがあったのか、と思う。

なんとも直截で味わいの無いタイトルですが、今回の記事は、

福島県内と県外(青森県弘前、山梨県甲府、長崎)の検査結果の比較で差が無いこと。

3月までは先行検査でしたが、この4月からは子らの甲状腺本格検査が始まり、それによってデータの比較ができるようになること。

検査は県外でもどこでも受けられますよ。

などのお知らせ。

詳しくは→
http://fukushima-mimamori.jp/thyroid-examination/result/


甲状腺は陰性な器官ですので、陰性な力の影響を受けます。

陰性過多になれば機能亢進症し、陽性過多になれば機能低下症になると考えられます。

身体の器官も、胚葉から伸びてくる力がぐるっと回って作られる。



消費税が上がりましたが、経済全体が改善することを期待します。

国全体でお金がもっとも節約になるのは、みなが健康でいる事でしょう。 

病気は時間とお金がかかる。病気が多いから医療費や保険や薬代が膨大。

不自然で煩悩のままの食生活をする→病気になる→医者にかかる→医療費がかさむ→一段落したら、また不自然な食生活をする

とグルグル回っている。


明日から末っ子が寮生活。

家には妻と僕とふたりだけ。

そのうちいつか、ひとりになる。

それとも乳幼児のような老人になるのだろうか。

僕の人生も回っている。




PR


[ 2014/04/02 09:02 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 新しい出発  |  ホーム  |  春寸景 >>