忍者ブログ


内臓瞑想
今月出版しました『望診法講義録 手相編』には、

『六大陰陽五行色体表解説』を載せています。


六大とは密教思想のひとつで、すべてのものを構成する地水火風空識の六要素(識以外を五大とします)

五行は木金火水土の五つの性質

それと

肝・心・脾・肺・腎の五臓

五方位、五味、五感、五色などとが照応している

という立場で書いています。





これらの関係はインドのヨーガや、中国の道教などが影響していますが、真言密教中興の祖である覚鑁上人が『五輪九字明秘密釈』に詳しく書いています。

拙著にあるように、五行はそれぞれ相性相克の性質がありますが、五行それぞれの気(エネルギーのようなもの)が陰陽の法則(広がる力と縮む力)によって五臓を作り、

五臓には感情や心が付随し、

それが眼、鼻、舌、耳、口によって五感として感じられ、外部と通じます。

僕らの五大(六大)が宇宙の五大(六大)と交感している

ということ。


そして、

五臓の疾病不調は五感の不具合に現れますが、

それを五味によって改善することもできますし、

五行の相生相克によって治すこともできます。

さらに、

内臓を観想することにより、その疾病トラブルを克服できます。


たとえば、

肺は金性であり、それは土性の脾臓から生まれたものです。

金性の辛味によって肺は癒されますが(肺も辛味も陰性)

金性の辛味が増えれば、木性の肝臓にストレスがかかります。

そのような時は肝臓へ、より陽性な心臓から気が流れるように瞑想します。

一般的には、ひとつひとつの内臓を観想するよりも、身体全体を五大(六大)に当てはめて観想することが主流ですが、いずれにしても瞑想によって内臓を安楽にすることができます。


五臓に対応する五大に、識大を加えた六大は仏の象徴です。 (識大を表現するものが五大)

僕もあなたも如来も、好きなもの嫌いなもの、どちらでもないものも六大を体としています。

そして、それ自体が、自他を幸せにする智慧と慈悲の働きを持っています。

宇宙に遍満するものすべて六大ですから、内臓を観察し瞑想することによって、自己と宇宙の、人と仏の合一を目指すことができます。



一般のかたもできる真言念誦や阿字観によっても、

心身の不調を治し、心を執着と差別から解放し、明るく楽しい日々にすることができるでしょう。


PR


[ 2015/07/23 15:13 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< おまかせする。  |  ホーム  |  どうぞ、お求めください。 >>