忍者ブログ


初夏の香
郊外にあるインターチェンジの近くには、アウトレットパークと霊園がある。

僕が霊園で拝んでいる間に、妻はアウトレットで買い物。時間的にちょうどいい。

そんな郊外は新緑が美しい。畑では夏野菜の準備が進んでいる。

ウチも初夏の仕事をしています。

竹を伐り、山の下草狩りをして、山椒の実を収穫。

まだ小さく香りが強いうちに採って洗い、醤油に漬ける。



 


三日後の実はずいぶん大きくなって、香りは弱くなるけれど、味は濃くなる。



これを生湯葉とコゴミに載せるとうまい。






ある店で売れ残った玄米麹をいただき、

醤油に漬けて半月。ちょうど良い醪状になったので、エシャレットに添える。




法務と買い物の後、

お昼に妻とうどん屋に寄り、

食べきれなかったマイタケの天ぷらやかき揚げを持ち帰り、

家で漬物と煮込んでカレーにしたら、何となく初夏の香。






PR


[ 2016/05/16 07:55 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 法令線  |  ホーム  |  檀那さん >>